教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生
  • 回答終了

簿記一級の割引現在価値についてです。

簿記一級の割引現在価値についてです。割引現在価値の計算で、例えば割引率が4%で3年分計算する時、n÷1.04÷1.04÷1.04の時と、n÷1.04+(n÷1.04÷1.04)+(n÷1.04÷1.04÷1.04)の2パターンがありますよね?この2つの違いはなんですか?分野ごとにこれはこっちみたいな感じで覚えるしかないですか?

45閲覧

回答(2件)

  • 3年後にn円得られる場合は前者 n÷1.04÷1.04÷1.04 ※3年後にn円になる金額 3年間毎年n円づつ得られる場合は後者 n÷1.04+(n÷1.04÷1.04)+(n÷1.04÷1.04÷1.04) ※1年後にn円になる金額+2年後にn円になる金額+3年後にn円になる金額

    続きを読む

この質問を見ている人におすすめの求人

< 質問に関する求人 >

簿記(東京都)

求人の検索結果を見る

< 平日勤務で週末はリフレッシュしたい人におすすめ >

正社員×土日祝休み(東京都)

求人の検索結果を見る

もっと見る

この質問と関連する質問

    < いつもと違うしごとも見てみませんか? >

    覆面調査に関する求人(東京都)

    求人の検索結果を見る

    Q&A閲覧数ランキング

    カテゴリ: 簿記

    転職エージェント求人数ランキング

    あわせて読みたい
    スタンバイプラスロゴ

    他の質問を探す

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる