教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生
  • 解決済み

即時取得と無権代理 即時取得は取引行為そのものは真っ当だが前主に処分権限がない場合にその占有を信頼した相手を保護する仕…

即時取得と無権代理 即時取得は取引行為そのものは真っ当だが前主に処分権限がない場合にその占有を信頼した相手を保護する仕組みなので、無権代理などの取引行為そのものに瑕疵がある場合は適用がないと説明があるのですが、無権代理は「取引行為そのものは真っ当だが前主に処分権限がない場合」ではないのでしょうか? よろしくお願い申し上げます。司法書士の勉強中です。

続きを読む

49閲覧

回答(1件)

  • ベストアンサー

    無権代理は真っ当な取引ではないです。真っ当な取引であれば無権代理の場合の法律効果の帰属の問題は発生しませんよね。本人が追認しない限りは無効。(不確定無効) 自己に処分権限のない物を売買する他人物売買は有効であるように、権限はなくても取引自体は有効であることが必要です。

この質問を見ている人におすすめの求人

< 質問に関する求人 >

司法書士(東京都)

求人の検索結果を見る

< 平日勤務で週末はリフレッシュしたい人におすすめ >

正社員×土日祝休み(東京都)

求人の検索結果を見る

もっと見る

この質問と関連する質問

    < いつもと違うしごとも見てみませんか? >

    覆面調査に関する求人(東京都)

    求人の検索結果を見る

    Q&A閲覧数ランキング

    カテゴリ: 資格

    転職エージェント求人数ランキング

    あわせて読みたい
    スタンバイプラスロゴ

    他の質問を探す

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる