教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生
  • 解決済み

警備員の欠格事由のうち、『過去に禁固以上の刑または警備業法の規定に違反し罰金刑となり、処分から5年以上経過していない者』…

警備員の欠格事由のうち、『過去に禁固以上の刑または警備業法の規定に違反し罰金刑となり、処分から5年以上経過していない者』についての質問です。懲役3年執行猶予4年の判決が確定した場合、どの時点から5年間はダメということになりますか? 『処分』の意味がわからないのです。

709閲覧

回答(1件)

  • ベストアンサー

    懲役刑であれば、懲役が終わってから(刑務所を出てから)5年間は警備員になれないので分かりやすいですね。 執行猶予の場合は、「処分」がありませんから、分かりづらいと思います。 答えは「執行猶予期間中は警備員になれない」です。 執行猶予期間が終われば、警備員になれます。 執行猶予は、その期間が終われば刑は免除されます。 法律に規定のある「処分」を受けることが無くなるので、執行猶予後は警備員になれます。

    1人が参考になると回答しました

    ID非表示さん

この質問を見ている人におすすめの求人

< 質問に関する求人 >

警備員(東京都)

求人の検索結果を見る

< 質問に関する求人 >

警備(東京都)

求人の検索結果を見る

もっと見る

この質問と関連する質問

    情報収集に関する質問をキーワードで探す

    < いつもと違うしごとも見てみませんか? >

    覆面調査に関する求人(東京都)

    求人の検索結果を見る

    Q&A閲覧数ランキング

    カテゴリ: この仕事教えて

    転職エージェント求人数ランキング

    あわせて読みたい
    スタンバイプラスロゴ

    他の質問を探す

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる