教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生
  • 解決済み

60歳男性です。 セカンドキャリアとして、知的財産管理技能士2級の取得を検討しています。 国家公務員非正規雇用で表記…

60歳男性です。 セカンドキャリアとして、知的財産管理技能士2級の取得を検討しています。 国家公務員非正規雇用で表記資格取得者の募集を見かけました。60歳以降のセカンドキャリアを考えていますが、ネットや書籍で検索しても【高齢者の就職には、社労士・中小企業診断士・司法書士・行政書士・簿記・宅建・マンション管理士が超有望】の記事と資格取得の為の教育勧誘ばかりです。 この、知的財産管理技能士2級について教えていただきたく、投稿しました。 アドバイスいただきたく、宜しくお願い致します。

続きを読む

156閲覧

回答(4件)

  • ベストアンサー

    基本的にこの資格はその名の通りに知的財産権の法律に関する知識があることを証明する資格です。 ただし、知的財産権の法律に関する専門家としては弁理士がいて、弁理士は弁理士でなければできない仕事がある業務独占資格である一方で知的財産技能士はそのような仕事はありません。 ですが、弁理士は司法書士、税理士とも並ぶ難関資格であり、予備校に通わなくては受からない一方で、知的財産管理技能士は独学でも何とかなり、勉強期間も3か月ほど抑えておけば十分だと思います。合格率は安定しませんが、合格する必要がある2つの科目のそれぞれの合格率は30%〜50%の間くらいです。 このように弁理士よりも取得しやすいため、知的財産権の知識を持っている人を求めていても弁理士までのレベルを必要としない際に使われる資格だと思います。 ただ、2級を受けるには知財業務の経験が一定年数ない人の場合には3級の取得が必要なことに注意してください。

    1人が参考になると回答しました

    ID非公開さん

  • 知財検定2級を条件とする募集では、特許実務の経験で採否を決めるんじゃないかなと思います 特許実務では、億単位のお金だったり、新ビジネス展開の可否だったり、そういった企業の浮沈にかかわるような案件を、知財(特に特許)面から扱います そういった部署にいないと得られない知見を求めているのであって、 知財検定2級の知識を求めているわけではありません

    続きを読む

    1人が参考になると回答しました

  • 知的財産管理技能士2級取得者の求人はありますが、全て実務経験が必要です。 地元のハローワークに登録して、自分の属性(学歴、年齢、実務経験、資格など)で求人状況を調べてください。 求人がある仕事に合わせて何の資格を取るか検討した方が良いです。 60歳超では求人がある仕事(職種)が限られてきます! また40歳を超えると、資格を取っても、未経験では殆ど求人が無いのが現実です!! 【高齢者の就職には、社労士・中小企業診断士・司法書士・行政書士・簿記・宅建・マンション管理士が超有望】というのはウソです!!

    続きを読む

    1人が参考になると回答しました

  • 知的財産管理技能士2級は、知的財産(特許、商標、著作権など)の管理・運用に関する知識と技能を有することを証明する資格です。企業の知的財産部門や特許事務所などでの活躍が期待されます。 ただし、この資格を取得するためには、知的財産に関する法律や実務の知識が必要となります。また、高齢者の就職については、企業の求人状況や個々のスキル、経験なども大きく影響します。 資格取得を目指す前に、まずは自身の興味・適性、現在のスキルや経験、そして目指すキャリアパスを明確にすることが大切です。その上で、知的財産管理技能士2級がその目標に合致するかどうかを考えてみてください。 ※この回答は生成AIで作成したものであり、最新の情報や完全な正確性等を保証するものではありません。

    続きを読む

この質問を見ている人におすすめの求人

< 質問に関する求人 >

簿記(東京都)

求人の検索結果を見る

< 質問に関する求人 >

社労士(東京都)

求人の検索結果を見る

もっと見る

この質問と関連する質問

    < いつもと違うしごとも見てみませんか? >

    覆面調査に関する求人(東京都)

    求人の検索結果を見る

    Q&A閲覧数ランキング

    カテゴリ: 資格

    転職エージェント求人数ランキング

    あわせて読みたい
    スタンバイプラスロゴ

    他の質問を探す

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる