教えて!しごとの先生
教えて!しごとの先生
  • 解決済み

第一級陸上特殊無線技士と第一級総合無線通信士はどちらの方が難しいですか?

第一級陸上特殊無線技士と第一級総合無線通信士はどちらの方が難しいですか?

86閲覧

回答(6件)

  • ベストアンサー

    計23種類ある無線従事者国家資格の中で名称に「特殊」と入る資格は、運転免許で言うところの限定免許のような扱いでして、従事できる無線局の範囲を狭めている代わりに取得の難易度が落とされた資格です。 両資格を比較すると第一級総合無線通信士のほうが圧倒的に難しくなっており、特に電信に関する通信術試験(モールス通信の実技)が難関として有名です。 べらぼうに難易度が高い割に、取得しても有効に活用できる職種は限られているため受験者自体が少なく、年間の合格者は全国で20人前後しかいません。対する第一級陸上特殊無線技士の年間合格者数は5,000~6,000人です。

    ID非公開さん

  • 第一級総合無線通信士の方が難しいです。 第一級陸上無線技術士を取得した後に、第一級総合無線通信士を受けた方が良いです。 無線工学の基礎、無線工学A、無線工学Bの試験が免除になります。 頑張って下さい。

    続きを読む
  • 法規と英語は1-3海通なみ、 工学は2陸技なみ、 通信術は1-3海通で課される 分に欧文、和文のモールスの送受信がプラスされ、 地理もありますし、 どれも1陸特より難しいです 特にモールスがカベです もう無理…

    続きを読む

    1人が参考になると回答しました

  • 圧倒的に後者(一総通)です。試験科目も多く、その 難しさの象徴があのモールス電信の実技です。多少の 実務経験程度では簡単に受かることはできません・・・

    1人が参考になると回答しました

この質問を見ている人におすすめの求人

< 自分のペースで、シフト自由に働ける >

パート・アルバイト(東京都)

求人の検索結果を見る

< 平日勤務で週末はリフレッシュしたい人におすすめ >

正社員×土日祝休み(東京都)

求人の検索結果を見る

もっと見る

この質問と関連する質問

    「#資格がとれる」に関連する企業

    ※ 企業のタグは投稿されたクチコミを元に付与されています。

    < いつもと違うしごとも見てみませんか? >

    覆面調査に関する求人(東京都)

    求人の検索結果を見る

    Q&A閲覧数ランキング

    カテゴリ: 資格

    転職エージェント求人数ランキング

    あわせて読みたい
    スタンバイプラスロゴ

    他の質問を探す

    答えが見つからない場合は、質問してみよう!

    Yahoo!知恵袋で質問をする

    ※Yahoo! JAPAN IDが必要です

    スタンバイ アプリでカンタン あなたにあった仕事見つかる